他社との徹底比較

トップハウスメーカー及びその他ハウスメーカーの特徴

住まいづくりのご相談をどこにすればいいかお悩みではありませんか? 家を建てるときの相談先には、ハウスメーカー、工務店、建築家といった選択肢があります。人生で一番大きな買い物となる家づくりだからこそ、業者選びは慎重にしたいものですよね。家づくりの第一歩にお役立ていただくために、こちらではこの3者の特徴を比較していますので、ぜひご参考にしてください。

トップハウスメーカーの特徴

家づくりを検討されている方なら一度は足を運ぶ住宅展示場。その多くの大半はトップハウスメーカーが手がけています。トップハウスメーカーの特徴は、商品開発から営業、設計、工事(監理)までシステマティックにひとつの会社が行っていること。マニュアル化されているため、価格も明確で比較的品質も安定しています。ただし、自由度の高い設計はオプションとなり高額となることがほとんどです。

メリット

140677
  • マニュアル化されているため品質は比較的安定と思われる。
  • 短い工期での施行が可能。
  • アフターサポートの体制が整っている。
  • プラン化されているため価格が明瞭。

デメリット

  • 特殊な設計はあまり得意ではない。
  • オプションを追加すると高額となる。
  • マニュアル以外の融通が効きにくい。
  • 営業の押しが強いことがある。
  • 施工ミスが発生しても発見できない。
121531

工務店およびその他ハウスメーカーの特徴

住宅建築やリフォームの設計や工事を請け負うのが工務店です。必要な資材や職人の手配、施工スケジュールなどに長けています。地域に密着した活動をしている業者が多いため、身近に感じられる存在かもしれませんね。しかし、数多くある工務店にはそれぞれ得手・不得手があります。得意でない工事に関しては、下請け業者にお任せというケースも少なくありません。またハウスメーカーの下請けを主にしている工務店も多くあります。

メリット

140677
  • 地元密着で顔が見える存在
  • アフターフォローの融通が効く

デメリット

  • 積極的な提案はあまりない
  • 現場監督の能力に差があり欠陥の発生につながる
  • 施工ミスが発生しても発見できない
  • 設計力の高い業者が少なく建物のイメージが伝わりにくい
  • 責任の所在が明確でない
  • 見積もり詳細がない場合があり、数量及び品質が不明瞭である
121531

建築家(設計事務所)の特徴

建築士の資格を持つ設計の専門家です。一般住宅だけではなく、公共施設や商業施設を専門に手がけるところもありますが、自由でオリジナルなデザイン・設計やこだわりの素材を使った設計・施工をご希望なら、建築家へ依頼するのが一番でしょう。ただし、設計の専門であるため、工事は別の業者をご自分で選んだり、建築家から推薦してもらったりということになります。

メリット

140677
  • 設計の自由度がもっとも高い
  • 提案力が高い
  • 変更、追加にも柔軟に対応してくれる
  • 希望や条件に適した構造、材料の選択が可能
  • 工事は複数の施工業者から相見積もりが可能
  • 建築家が工事監理を行う為、品質が明確化している

デメリット

  • デザインの打ち合わせや確認などに比較的時間がかかる
  • 建築家の個性によってデザインの特徴が異なる
  • 提案を受けてみるまで自分との相性がわからない
  • 設計、監理費が比較的高い
  • 施工ミスが発生しても発見できない
121531